キャッシング即日融資

専業主婦の即日キャッシング

専業主婦でも即日キャッシングをすることは可能です。
ただし、収入のない専業主婦の場合には消費者金融でお金を借りることができません
消費者金融やクレジット会社などでのキャッシングには、総量規制の影響があるからです。

 

総量規制とは

 

総量規制というのは、2010年に施行された改正貸金業法により導入されたもので、その内容は個人の借入総額が原則として年収の3分の1までに制限されますよ、という仕組みになっています。貸金業者から個人への貸付けの際には信用情報機関の信用情報を利用した返済能力調査が義務づけられていて、本人に収入がない場合にはお金を借りることができません。

 

配偶者貸付けなら専業主婦でも借りられる?

総量規制といっても全ての貸付けに対して適用されるわけではありません。総量規制には除外や例外となる貸付があり、例外のなかには「配偶者貸付け」というものがあります。

 

これは、総量規制は原則個人ごとに年収の3分の1が基準とはなるものの、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが例外として認められるというものです。

 

では消費者金融でもこの貸付けを利用すれば専業主婦がお金を借りることができるのか?というと、確かに制度としては可能にはなっているのですが、多くの貸金業者では専業主婦への貸付け自体を行っていません

 

それはなぜなのか?
この配偶者貸付けを利用するには以下の書類が必要となります。

 

 

貸金業者にとって、配偶者貸付けは必要書類の多さなど手続きに手間がかかる割に利益にはあまり結びつきません。メリットが少ないのです。そのため多くの貸金業者では収入のない専業主婦への貸付けそのものをNGとしているというわけなのです。


 

専業主婦がお金を借りるなら銀行カードローン

では専業主婦はお金を借りることができないのか?というと、決してそんなことはありません。総量規制が影響するのは、あくまでも貸金業者に対してです。銀行はそれにあたりませんので、総量規制の影響を受けません。

 

専業主婦への貸付けをおこなっている銀行はそう多くはありませんが、なかには30万円、50万円までなら専業主婦でも借入可能、としているところもあります。

 

即日融資をおこなっているところもありますので、それに対応している銀行カードローンを選ぶと良いでしょう。