キャッシング即日融資

即日キャッシングと収入証明書

即日キャッシングを利用するにあたって、注意していただきたいのが収入証明書です。キャッシングは基本的に、ほとんどのところで本人確認書類があれば借りられるのですが、借りる金額によっては収入証明書を提出しなければなりません。

 

しかしこの収入証明書を提出することによって、即日融資が受けられなくなる可能性が高くなるのです。

 

収入証明書とは

収入証明書とは収入を明らかにする書類のことで、ある程度の額以上の借入額となる場合に提出が求められます。収入証明書には、以下のようなものが該当します。

  • 源泉徴収票
  • 課税証明書
  • 確定申告書
  • 納税通知書
  • 給与明細書(2ヶ月分や賞与も含めてなど各社毎で違いがある)

 

ご覧いただいてわかりますとおり、免許証や保険証など普段から持ち歩いている本人確認書類と違って、収入証明書は用意するのに手間がかかるものばかりです。

 

もし仕事中や外出先で即日キャッシングをしようと思っても、収入証明書が用意できないため融資を受けられない、というケースが考えられます。つまり、即日融資を希望していても収入証明書が用意できないのであれば、収入証明書が必要ないキャッシング会社を選ぶ必要があるというわけです。

 

収入証明書はいくらから必要になるの?

収入証明書は借入する金融機関によって必要となる額が違ってきます。

 

消費者金融など貸金業者の場合

消費者金融など貸金業者の場合には、総量規制によって、「自社からの貸付けが50万円を超える貸付けを行う場合」または「複数の貸金業者からの貸付け合計が100万円を超える貸付けを行う場合」に収入証明書の提出が必要となります。

 

銀行カードローンの場合

銀行カードローンの場合には、総量規制の影響は受けませんので法的にいくら以上の貸付けなら収入証明書の提出を…といった決まりはありません。しかしながら、銀行カードローンの場合にはいくら以上ならというように各銀行ごとで定めています。

 

多くのところでその設定額は「100万円以上の場合」「300万円を超える場合」などと高額な設定となっており、収入証明書なしで借りられる可能性が高いです。

 

高額な借入になればなるほど審査時間が長くなる

 

キャッシングの審査というのは、そのひとにお金を貸してもきちんと返してくれるかどうか、返済能力を重要視しています。そのため、借入額が大きくなればなるほどに審査は慎重になります。

 

収入証明書の提出が必要となるような高額な借入になれば、審査がその分慎重になり時間がかかる可能性が高くなるわけです。

 

即日キャッシングを受けたいのであれば、借入額はほんとうに必要な最低限の額にとどめておくこと、これが重要となります。